HOME »  お知らせ・お役立ち情報  » 都会+田舎の2拠点生活デュアルライフをサポートします

お知らせ・お役立ち情報

都会+田舎の2拠点生活デュアルライフをサポートします

2019年2月22日

平日は都心で過ごし、週末になると郊外や地方の別拠点に移動するデュアルライフ(2拠点生活)が注目を集めています。

共働きで都心に暮らす若い世帯の間で、コンクリートの住宅地だけでなく、自然の近くで子育てしたいという欲求が高まっていることが背景にあるとのことです。

こんにちは、ヤマトハウスの伊藤です。私は20代の頃、東京の建設会社に勤務し、妻と小さい子供2人で東京の大田区で生活しておりました。密集した住宅地やほぼコンクリートの公園などでは、子育ては厳しいなと思い、30歳の時に退職し実家に戻り稼業に入りました。田舎では、子供達を近所の海や自然いっぱいの公園で遊ばせたり庭で思う存分泥んこ遊びをさせたりしました。幼少期の一瞬を田舎で育てることが出来て本当によかったなと思っています。

私のようにすべて田舎に拠点を移すというのは、簡単ではないと思います。現在デュアルライフを実践している方は、2拠点で生活して、東京暮らしのよさも田舎暮らしのよさも、それぞれを経験することで両方を実感できると言います。

週末別荘で趣味を満喫したり、子供と遊んだり、地域貢献の活動をしたり、将来の移住に備えて別の仕事をしたりと、さまざまです。今匝瑳市には、週末利用してコメ作りや農業をする人が増えています。都会と田舎がつながってきています。

 

デュアルライフをしたい方のお手伝いをさせて頂きます。中古物件の購入・土地を買って新築など今までもサポートしてきているので経験はあります。サポートしてきた方とも良いおつきあいしております。是非お気軽にご相談ください。



| 都会+田舎の2拠点生活デュアルライフをサポートします | 前 »